ぶらり途中下車で風俗 関西編
 
 

和歌山県でちょっと私は店舗型風俗の酔いしれたい

 
  • 2014年01月10日

和歌山県の風俗と言えばアロチかもしれないですよね。この日本において地名がカタカナという異常事態がちょっといい感じではありませんか。JRの和歌山駅から西口一帯に広がります。そこへ行けばいろいろな風俗を楽しむことが出来ると聞きました。何か私達は時として、店舗型風俗にも戻りたいと思うのは私達の本能がそのような場所を求めているからなのでしょうか。私達は和歌山県をぶらり歩いて、普通運賃10000円のピンサロに入りました。そう、ここでは運賃と言うようです。電車の中でエッチするような設定のピンサロなのです。どうやら電車痴漢みたいですね。こういう体験も風俗だったら出来るようです。ちょっと広めのスペースに女の子が二人つり革に既につかまった状態でいる訳です。痴漢にもちょっとルールがあるようです。そこでキスをしたり、服を脱がせたりはしてはいけないとのこと。まあ実際の痴漢もいきなりキスする人はいないですものね。取り敢えず納得しますが。

 

よく似た体験談をチェックする