ぶらり途中下車で風俗 関西編
 
 

Mちゃん

 
  • 2014年06月30日

「Yさんってかっこいいですよね。彼女いないんですか?」和歌山の風俗嬢Mちゃんは聞いてきました。正直僕は容姿には自信があります。子供の頃からモテモテで女に困ったことありません。学生の頃はホストのバイトもやっていました。今日は社会勉強のため風俗初体験です。
「うん。今はいないよ。」
本当はいるのですが、適当に嘘をついておきました。
「本当? かっこ良すぎてなんか好きになっちゃいそう。」
こちらをその気にさせるための営業トークかもしれませんが、僕の経歴から言って本当のことかもわかりません。おいおいまたかよとも思いながら、
「いいよ。今日は恋人気分で思いっきり盛り上がっちゃおうよ。」
そして僕のスイッチもすぐに切り替えました。こういったことはホスト時代に十分経験済みで慣れています。
「愛してるよ。M。」
そう言いながらキス。そしてすかさず舌を侵入させました。シャワー上がりの2人はそのままベッドへとなだれ込みます。

 

よく似た体験談をチェックする