ぶらり途中下車で風俗 関西編
 

関西の風俗をぶらり体験してみました!

 

新着体験談

関西デリヘルで甘く濃厚な時間を

関西方面でも一番注目を集めているのはやっぱりデリヘルですね。全国的な大ブームにもなっていますので、各地で利用することができるデリヘルですが、ここは他の地域とはひと味違います。デリヘルの魅力と言えば、女の子と二人っきりでゆったりとエッチな時間を楽しめることですよね。そんな時間を満喫するにはプレイだけでは不十分でしょう。やっぱり楽しいトーク必須です。関西の子はそんなトークも抜群です。大阪のキャバ嬢はそのトークのテクニックは日本一だと言われています。その傾向はしっかりとデリヘルでも生きています。女の子とのおしゃべりを楽しみながらエッチなプレイで盛り上がれるんです。これこそまさにデート気分ですよね。甘く濃厚な時間を満喫することができるでしょう。また、料金も関東に比べてリーズナブルですので、懐にも優しくなっています。ジャンルもギャル系から人妻系までばっちり揃っていますので、どんなタイプの人でも十分に楽しむことができる地域と言えるでしょう。

関西風俗の特徴

関西地域には多くの風俗店が揃っています。多くのジャンルが揃っていますし、店数も豊富ですので、遊ぶ場所に困ることはまずないと言えるでしょう。利用者の層も幅広く、若い学生から、かなりお年の方までいらっしゃいます。層が広ければ、料金の幅も広くなってきます。格安店から、超高級店まで揃っていますので、予算に合わせたお店選びができるでしょう。最近は数が減ってしまった格安ソープ店もありますので、普段はデリヘルやファッションヘルスで抜いている方でも、ソープを選択肢に入れてお店選びをすることができます。また、大阪はピンサロが多いことでも有名です。ピンサロと言えば、この業界ではライト風俗の一歩手前くらいの印象を受けてしまいますが、大阪のピンサロはちょっと違います。とにかく女の子の質が高いんです。気軽に利用できて、可愛い子にしっかり抜いてもらえる。そんなピンサロも大人気です。それぞれの利用客に合わせて楽しむことのできる地域と言えるでしょう。

交際クラブこと愛人クラブの意義

交際クラブなんていう言葉は流行り言葉のようなもので、ここ20年くらいの間に浸透してきた言葉です。それまでは『愛人クラブ』なんて呼ばれていたりしたことをご存知でしょうか。なぜ「愛人クラブ」という表現がなくなってしまったのかというと、ここは分かりやすくイメージの問題があるでしょう。東京都のデートクラブ条例が制定されたのが、平成9年頃ですので、その頃には「デートクラブ」と呼ばれるようにもなったでしょう。しかし、店舗型デートクラブで起こり得る児童買春的行為が社会問題となってからは、利用者女性の年齢制限が厳しくなり「デートクラブ」という呼び方は廃れてしまったと考えられます。その頃から変わるように生まれた呼称が『交際クラブ』なのです。今でもデートクラブと記載のある店舗サイトがあるのは、分かりやすく業種を記載しているに過ぎないでしょう。とはいってもどのような呼び方にしても意味は同じです。そもそも、同業界は昔から広く一般的に認知されるものではありませんでした。「愛人クラブ」とあるように合法で男女の出会いを作り上げようと昔のお偉い方々が作ったものです。それまでは人伝に紹介ベースで会員を増やす秘密の会員制サービスのようなものでしたので、実際には「愛人クラブ」というような呼称がマッチしていたと考えられます。その後、富裕層向けに広く一般的となってから、現在では一般の方も利用できるような価格帯の低いリーズナブルな店舗まで存在しています。時代時代の流れや移り変わりによって扱かわれ方が変化している点は少し面白い部分でもあります。そもそも、愛人が作りやすいように紹介のための合法サービスとも捉えられますが、愛人の時点でモラル上は逸脱していますので、大人の関係ありきの異性交友の場が設けられた後に、結果的に愛人化してしまうという流れが「愛人クラブ」と呼ばれた所以かもしれません。現代では愛人というような表現よりもセフレといったやや大衆的な表現が適切かもしれませんが、古くからの文化は今も残り続けているのは確かです。昨今流行りの『パパ活』のパパなんて言葉はまさに愛人のことですよね。
東京の交際クラブ・デートクラブ情報|プレミアム交際クラブガイド